うつを克服して、新しい私へ。

実は沢山ある

うつ病には種類がある

うつ病と一口にいってもその症状によっていくつかの種類があるのをご存知でしょうか。気分がのらない、やる気がでないといったうつ症状は同じでもその症状が現れえるタイミングや期間、特徴によっても多少内容は異なってくるのです。 さらには、それらの違いによって治療法も変わってくるところもあるので、うつ病の診断はより慎重に行われる傾向にあります。 うつ病の種類の中でもよくあげられるのは定型うつと非定型うつです。一見同じように見られがちなうつ症状ですが、ある一定期間共通してうつ症状がみられるのが一般的なうつ病です。そして気分の浮き沈みがその時々で変化する、変位性の高いうつが非定型うつと呼ばれるものです。非定型うつの中には最近話題の新型うつも含まれるため、その患者数も年々増えてきています。

その具体的な見極め方法

先に述べたようにうつ病の種類によっては治療方法は異なってきますし、周りの対応にも変化がでてきます。 というのも、通常のうつ病であればその対応も幾分わかりやすく、個々のケースで多少違いはあったとしても周りの人間が気に掛けることで症状は改善していきます。ただ、非定型うつ、いわゆる新型うつの場合はその症状自体が誤解されやすく、周りの理解を得られにくいという問題があります。 ただ、どちらの場合にしろ早め早めの治療開始が大切になってくるので、何か様子がおかしいと感じた時点で専門の医師への受診をおすすめします。うつ病の種類はいろいろありますが、自分がどの症状に当てはまるのかをチェックするにはやはり専門医の判断にゆだねるのが一番の方法でしょう。