うつを克服して、新しい私へ。

認定されている

5大疾患の一つとして認定されています

うつ病や躁うつ病は、誰にでも起こり得る気分障害です。主な原因に脳内情報伝達物質のバランスが崩れることで意欲や活力が低下し、スムーズに感情を調整できなくなります。うつ病は国際的な診断基準から分類され、5大疾患として認定されています。うつ病の定義は、抑うつ状態が2週間以上続き、これまでに気分の高まる躁の状態と診断されていない場合で、精神作用に影響を与える物質や臓器、組織の異常がうつ病の原因と関係しないものといわれています。症状は軽度、中等度、精神症状を伴わない重度、精神症状を伴う重度に分類されます。治療は薬物療法を用いますが、本人だけでなく家族や周りの人の協力によって改善が早く進むことがあります。

さまざまな種類のうつ病があります

うつ病の種類は、抑うつ症状のみを発症する単極性うつ病と、極端な気分の高まりと沈みを繰り返す双極性の障害があります。最近では新たな種類が確認されています。仮面うつは、頭痛やしびれ、めまいなど身体的症状が精神的症状を隠すように現れます。非定形型うつ病は、20代から30代を中心に発症し、楽しいことがあると一時気分が盛り上がるものの、すぐ抑うつ状態に戻ってしまいます。その他の種類として、高齢から発症する退行期うつ病があります。老年期になると社会的立場や環境の変化が要因で発症し、初老期うつとも呼ばれます。脳内の神経伝達物質であるエストロゲンという女性ホルモンの分泌バランスが崩れることで閉経が起こり、女性の更年期障害とも関連性があります。うつ病の種類はさまざまでも、早期発見が大切です。家族の協力を得ながら前向きに治療をしていきましょう。

プチうつを解消するには

新しい種類のうつ病を解消するには、いくつかのポイントがあります。まずは、積極的に川や緑がある場所に行って自然と触れ合うことが大事です。美しい自然を堪能することは、脳にα波という電気信号を発生させます。これには、リラックス効果があるので、日常のストレスを解消できます。特に普段なかなか自然と触れ合う機会がない人には、治療効果が高いです。 その他の解消方法は、旅行に出かけることです。普段の生活とは違った体験をすることで、心のリフレッシュをはかることができます。日帰りでも十分です。旅行に行く時間がない場合は、普段行ったことのないお店に行ってみるのも気分転換として効果があります。このように新しいところにいくことで、普段の鬱屈を晴らす効果があります。