うつを克服して、新しい私へ。

危険な時期

春になると起こるうつ病の原因

日本では、春になるとうつ病にかかる人が増えています。これは、通称、春うつと呼ばれている種類のうつ病です。うつ病とは、悲しみが通常よりも長く続くために、日常生活に支障をきたしてしまう精神疾患です。この種類のうつ病では、他に過呼吸、イライラして落ち着かない、睡眠不足、食欲減退などの症状があります。 春うつという種類のうつ病の原因は、主に環境の変化でのストレスによるものです。春は、学校の卒業や会社の就職など、身の回りの環境が大きく変わります。それに伴い、習慣も変化するのでストレスがかかりやすいです。その他にも、春の気候の変化も原因のひとつです。春は昼間と朝方の気温差が激しく、身体と心に大きな負担がかかります。

春のうつを解消するには

春に起こる種類のうつ病を解消するには、いくつかの方法があります。まず1つは、新しい環境での不満や不安な点を人に聞いてもらうことです。現在抱えている不安を吐き出すことで、気づかぬうちに心のストレスを発散できます。 その他の解消方法は、朝起きた時に日光浴をすることです。朝の光を浴びることは、リラックスさせる効果があるセロトニンの生成を高めてくれます。この生活習慣を身につけることで、ストレスに強くなります。 そして、最後に大切なのがバランスのとれた食生活をすることです。野菜・魚などのたんぱく質をバランスよく食べると良いです。また、逆に加工食品やお菓子ばかりを食べる人は、うつ病になりやすい傾向があります。食べる時は、気をつけたほうがいいです。