うつを克服して、新しい私へ。

増加が原因

パタニティーブルーと呼ばれるうつ病

ここ最近では、パタニティーブルーと呼ばれる種類のうつ病が増加傾向にあります。この種類のうつ病は、出産後の男性によく起こる症状です。ある統計によると、子どもを持つ男性の50パーセントがこの種類のうつ病を経験したと回答しています。 なぜ男性にうつ病が起こるかというと、妻の出産に伴ってホルモンバランスが変化するからです。体内でテストステロン値が下がり、逆に女性ホルモンのエストロゲン値が増加します。 具体的なうつ病の症状は、きちんと眠れなかったり、頭痛や胃痛があります。ひどくなると、何もやる気が起きず苦しむことになります。その他にも、良い父親になれるか、子どもに愛されるかという不安感を募らせてしまいます。

効果がある対策方法とは

この種類のうつ病を解消するには、いくつかの対処方法があります。まず一番大切なことは、きちんと夫婦がコミュニケーションを取る時間を持つことです。出産後は、どうしても子どもにばかり時間を割いてしまいます。ですが、コミュニケーション不足は、夫婦間の溝が深くなってうつを抱える状態に陥る可能性が高くなります。なので、お互いに子育ての悩みを解決するためにも話し合いが大切です。たとえば、その日にあったことや、子どもや仕事のことを少しでも話すだけで、心の負担が取れます。 その他のうつの解消方法は、自分だけの時間を持つようにすることです。たとえば、読書や音楽鑑賞など普段のストレスを発散できる時間を持つことで、うつ病を防げます。