うつを克服して、新しい私へ。

 認定されている

患者数が多くなったこともあってか産後うつは5代大疾患の中に入るようになりました、改善策はやはり周りの理解が最大の鍵だと言えるでしょう。家族間で協力をすれば治りも早いです。

READ MORE

 実は沢山ある

一口にうつ病といっても種類がありますので、どのようなものがあるのか知っておいて損はないでしょう。見極める方法もありますので今後の対策にも役立ちますし、気付くこともできます。

READ MORE

 二つある

社会問題になりつつあるうつ病はまだ理解が足りない部分があります。対策もせずに無視をする社会では、生き残るのも辛くなります。理解をする意味でも二つのタイプを知っておくのは大切なのです。

READ MORE

 増加が原因

ホルモンのバランスが崩れてしまうとうつ病に発展する可能性が極めて高くなります。また、子どもを持つ男性によると半数の人が症状を経験しているという結果も出ており深刻な状況です。

READ MORE

 危険な時期

性格でなる可能性もありますが、春にもうつ病を引き起こす要因を沢山抱えています。また変化が多いのでそれも一つの大きな要因だと言えるでしょう。解消させる為にもバランスの摂れた食生活が大事になります。

READ MORE

似ている

うつ病に似ている病気

理由もなく朝起きることができない、いままで興味のあったことがなぜか急につまらなくなってしまい、食事の味もしなくなってしまった、なんだか憂鬱でやる気も出ないし生きている気力もわかない。 そんな症状が現れたら、誰でもまず「うつ病」を疑うことでしょう。 しかし翌日になったら気分爽快で、睡眠時間が少なくても疲れを感じず、判断力が低下しているとしか思えないほど危険をかえりみず、多動でおしゃべりになってしまったら、これは「うつ病」ではありません。 うつ病に似ていますが、全然違う種類の病気で「躁うつ病」というものです。うつ病ほど知名度が高くないこともあり、誤った自己判断をしてしまう可能性があります。単純なうつ病として治療すると、より悪化することもありますので、注意が必要です。

いろいろな種類があることを知りましょう

ひとことで「うつ病」といっても、いろいろな種類があります。一般的なうつ病とは少々症状が違うものについては、それぞれの種類と症状から、治療方針を検討することが必要となります。 代表的な「一般的ではないうつ病」の例として「産後うつ」「冬季うつ」があります。 「産後うつ」は、出産後の半月から一か月後ぐらいに症状が現れます。出産したことにより、ホルモンバランスが大きく乱れたことが主たる原因です。また育児のため不規則な生活で睡眠不足、肉体の疲労がたまってしまうこと、伴侶のサポート不足への不満なども要因となります。三カ月から半年で症状が治まるので、無理をしない生活を心がける必要があります。 「冬季うつ」は、冬になり日照時間が減ることで、脳内のセロトニン分泌量が減り、ホルモンバランスが崩れてしまうことが原因です。回復には強い光を照射する「光療法」が有効です。 それぞれの症状により、うつ病の種類にも違いがあることを知っておくとよいでしょう。

女性に多いとされるプチうつ病

近頃では、従来のうつ病とは少し違う種類の「プチうつ」と呼ばれる症状が増えています。一般的なうつ病は、ほぼ毎日うつ状態が続くという特徴があります。ですが、この新しい種類のプチうつでは、一日のタ方から夜にかけてうつ状態になります。夜になると強烈な不安を感じたり、過食、眠り過ぎてしまうなどの症状があります。 この新しい種類のうつ病には、うつになりやすい性格というものがあります。たとえば、小さい頃から手がかからず、大人から良い子だと思われていたタイプです。なぜかというと、このようなタイプは人からよく見られたいために、がんばり過ぎてしまう傾向にあるからです。よって、日々の生活でストレスを感じやすく、プチうつになってしまいます。

プチうつを解消するための方法

新しい種類のプチうつを解消するには、日頃の生活習慣に気をつける必要があります。たとえば、うつ状態を解消するために、積極的に温かい飲み物を飲むといいです。温かい飲み物には、心を落ち着かせるセロトニンの分泌を促進する作用があるからです。特にホットミルクは、カルシウムによる催眠作用もあるので最適です。その他にも、ハーブティーにも心と体にリラックス効果を与えてくれます。 次にプチうつを解消するには、音楽を聴くのも効果的です。最近では、リラックス効果があるとされるクラシック、ヒーリングもののCDが販売されています。クラシックなどの音楽は、脳にα波がでやすくて心を落ち着かせてくれます。なので、うつ病の解消に効果があります。

若い女性に増えているプチうつ

最近になって、プチうつという新しい種類のうつ病が増加傾向にあります。一般的なうつ病は、働き盛りの男性がかかりやすい心の病として知られています。ですが、この新しい種類のうつ病は、20代から30代の女性がなりやすいと言われています。 このプチうつとは、軽度のうつ状態のことです。その具体的な症状は、まず1日のうちの数時間限定で気分が沈みます。また、悲しくないのに涙が出る、無性に甘いものが食べたくなる、寝足りないなどの症状も見られます。その他にも、身体が鉛のように重い、人からの評価がものすごく気になる傾向もあります。 この種類のうつ病は、放っておけばすぐ治まると思ってしまいがちです。しかし、やがて重度のうつ病になってしまいます。